太陽光発電 エコでお得な暮らし|宇治市・桂周辺で注文住宅を建てるならセンチュリー21 穂高住販

お問い合わせサイトマップ
穂高住販へお電話
みんな始めてますよ!太陽光発電 エコでお得な暮らし
太陽光発電システムとは、太陽の光を直接電力に変換する太陽電池を使用する発電方式です。
そのため、運転中は温室効果ガスも発生せず、原料採鉱・精製・廃棄にいたるまでの排出量を含めて、非常に少ない排出量で電力を供給することができることも太陽光発電の特徴といえます。現在日本ではエネルギ―源を石油やウランなどの枯渇性エネルギーに頼りがちですが、これらは温暖化という深刻な環境への影響に加えて、輸入価格の変動や政治的な問題により、将来に不安がないともいえません。
そうしたことを踏まえて、国や地方自治体が太陽光発電を設置する家庭に補助金を出すなど、普及の後押しをしているのが現状です。
お得にエコな暮らし始めませんか? 完済後は発電するだけでプラス!
基本的に初期費用と保守管理費用がかかりますが、運転中に光熱費が発生しない利点があります。つまり、家庭内で使用する電力を家庭で発電するので運転時の費用がかからないだけでなく、余った電力は電力会社に売ることがきるので、将来的に設置費用がかえってきて、完済後は発電するだけお得になるという可能性もあります。
<初期費用>+<光熱費>+<売電量>=初期費用と光熱費0円
※売電料金は年々下がる可能性があるため、早目の設置をおすすめしています。
太陽光発電のメリット・デメリットとは?
メリット1
余った電気を売ることが
できて家計にやさしい!
家庭内で発電して電力を消費し、余った電力は電力会社が買い取ってくれます(売電)。 そのため、発電すればするほど、光熱費がかからないだけでなく貯金にあてることも可能です。
また、現在太陽光発電の普及がすすんでおり、量産すればするほど技術力が上がり、コストも安くなるといわれています。
メリット2
災害時の心強い味方!
災害時や停電になっても、太陽光さえあれば発電できます。そのため、電化製品などが使えることで災害対策にもつながります。 また、万一の修理やメンテナンスに要する期間も比較的短期間ですむこと、一般的にもっとも需給が逼迫する夏の昼間などに太陽光発電は出力が最大となるため、送電網全体に余裕が生まれます。
メリット3
地球に優しいエコな生活!
二酸化炭素等の科学物質を排出することなく、環境にも優しいという大きな魅力があります。 化石燃料では資源を取り尽くしてしまうということがありますが、太陽光発電は膨大な資源量を持つ永続的なクリーンエネルギーといわれているため、その心配もありません。 発電量や売電・買電の量がリアルタイムでわかるモニタを設置して、省エネへの関心が高まったという声も多く、地球にやさしい生活ができます。
デメリット1
天候や立地環境に
左右される発電量
天候によって出力が左右される問題があります。
たとえば、曇りの日は30〜40%、雨の日は10%程度出力が落ちてしまうため、天候不順の年は発電量が低下してしまうことがあります。 また、立地や周辺環境で発電量が変わる場合もあるため、しっかり業者に相談する必要があります。
デメリット2
屋根を傷める恐れや
施工ミス
設置にあたっては屋根の下地や構造を調べ、補強工事が必要になるケースがあります。
特に、太陽光発電システムをとりいれる予定で建築していない家は注意が必要です。
デメリット3
忘れてはならない
メンテナンス費用
太陽光発電は基本的にメンテナンスフリーです。
しかし、適切な点検や修理を行わなければ運転に支障がでるため、その費用を用意しておく必要があります。
太陽光発電は、環境にも家計にもとってもやさしいんです!
お得にエコな暮らし始めませんか? 平均約2万円なので、なんと30年間で約720万円!!
「年代別の平均に比べてうちは高いの?安いの?」  「10年後は?20年後は?」
「太陽光を設置したらどれくらい節約できるのかしら?」 などなど・・・
家計費の負担軽減を考えると、月々の「光熱費」は気になるところ。
太陽光発電は、環境にも家計にもとってもやさしいんです!
新築設置の特権!払うを安く、もらうを高く!
「住宅ローン」で支払うことで月々の負担は小さくなります。
また建物の新築時に太陽光発電システムを導入すれば、メーカーの設置基準に合わせて工事ができるほか、配線を隠してすっきりとさせたり、導入費用を住宅ローンに組み込んだりといった対応も可能となります。 家を建てる建築タイミングでパネルを設置することになるため、工事費は後付するよりも安くなります。
新築時に工務店で、安心設置!!
建物と一緒に設置すれば、後で設置するよりも断然安心!
改めて足場を組む手間もなくなることを考えると、新築時に導入を考えるのもいいタイミング!
また検討している住宅がオール電化住宅なら、太陽光発電とオール電化の併用についても検討することができます。
穂高の家×LIXIL太陽光発電
ソーラーラック ソーラールーフ ソーラーベース
「Aタイプソーラーパネル」が加わった戸建て住宅用のソーラーラック。さまざまな形状の屋根に幅広く対応します。LIXILならではの品質、強度、そして充実の保証を備え、住宅の屋根を発電スペースに変えるこれからのシステムです。 これからの地球にやさしい暮らしのために、LIXILはできることを考えました。その結論のひとつが、発電する屋根材の開発です。太陽光発電は屋根の上に乗せるものという既成概念を払拭し、屋根そのものが発電することで、様々なメリットを生み出しました。進化した新しい屋根材「ソーラールーフ」が、これからの日本の住まいづくりを大きく変えていきます。 ソーラーベースはさまざまな形状の屋根や地上設置が可能です。マンションやビル、工場などに幅広く対応し、また効率的な施工性を追求することで、設置の自由度が大きく広がりました。また、既存のカーポートにも取り付けられます。多彩な場所を発電スペースに変えるこれからのシステムです。
ソーラーラックについて詳しくはこちら ソーラールーフについて詳しくはこちら ソーラーベースについて詳しくはこちら