トータルサポート|センチュリー21 株式会社穂高住販


トータルサポート トータルサポート- total support -

お住まいのご購入の流れやご売却の流れ、
ローンについてなどサポート情報を掲載

住宅購入の流れ

  • STEP1ご購入の相談

    ご購入の相談

    「住まいの購入」は、一生のうちにそう何度もあるものではありません。
    それだけにできるだけ条件が良く、納得のゆく物件を購入したいものです。
    そのためには、専門の知識を持った 「信頼できるパートナー選び」は大切な第一歩であると言えます。
    ご購入される方の立場に立って、あるいはご売却される方の立場に立って、様々なご要望やご期待にお応えする。
    センチュリー21のスタッフは、常にお客様の気持ちになって、心のこもったお手伝いをさせていただきたいと思っています。

  • STEP2資金計画を立てる

    資金計画を立てる

    購入可能金額は? まず、お客様の返済プランにあわせて住宅ローンの借り入れ金額を算出します。それに自己資金を加えた金額から諸費用を引いた金額が、新しいお住まいの購入可能価格となります。

    ローン返済プランのご提案 お客様の可能な返済金額などをうかがい、固定金利・変動金利、利率、返済期間など、各種住宅ローンの中から借り入れ予定先を選択し、ご希望にそった返済プランをご提案いたします。

    費用はいつまでに必要? 売買契約締結からお住まいの引渡しまでに 下記のような費用が必要になります。

    資金計画を立てるA 資金計画を立てるA

    ≪ 諸経費とは ≫

    資金計画を立てるB
    登録手数料
    ・司法書士費用:登記手続きの際の司法書士への報酬
    ・登録免許税(※税金欄をご参照ください)
    ローン諸費用
    ・ローン事務手数料
    ローンを申し込む時に必要となる費用です
    ・ローン保証料
    ・連帯保証人を立てるかわりに必要となります
    ※金融機関、借入期間等によって異なります
    仲介手数料
    ・<物件価格が400万円超の場合>
    成約価格の3%+6万円
    (別途消費税および地方消費税)が上限
    税金
    ・印紙税 売買契約書やローンを組む時の契約書に貼る印紙代金
    ・登録免許税
    不動産を買った時(所有権移転登記)
    ローンを借りた時(抵当権設定登記)
    ・不動産取得税
    ・固定資産税
    都市計画税
    購入した年は売主様と現金清算して頂きます
    保険料
    火災保険料、団体信用生命保険料など
    その他
    引越し代、リフォーム代など
  • STEP3物件の紹介

    物件の紹介

    穂高住販が、お手伝いいたします 現在お住まいの街のセンチュリー21はもちろん、新しいお住まいを探してらっしゃる街のセンチュリー21にお越しいただいても、お客様のご希望にそった物件のご紹介をさせていただきます。

    実際に物件を見に行きましょう ご紹介した物件の中にお気に入りの物件がありましたら、積極的に見学に行きましょう。
    売り出し中の家の室内やモデルルームなど、オープンハウスの開催日であればお好きなときに予約無しでご覧になれます。
    また、スタッフにお申し付けくだされば、オープンハウス期間以外でも現地へのご案内から様々なご質問等にも丁寧にお答えいたします。

  • ここだけ覚える!豆知識
    • 鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)鉄骨で組んだ柱やハリの周りを鉄筋コンクリートで覆う工法。 RC造より頑丈なため、高層建築に用いられます。
    • 鉄筋コンクリート造(RC造)鉄筋で骨組みを構成し、その周りをコンクリートで固める工法。 中高層建築の代表的な構造です。
    • プレキャストコンクリート造(PC造)工場で生産した鉄筋コンクリート板を、現場で組み立てる工法です。
    • 専用使用権バルコニーや専用庭、駐車場のような共有部分でありながら、特定の人だけが使用できる権利のことです。 毎月の使用料が必要な場合もあります。
    • 建ぺい率敷地面積に対する建築面積(一般的には1階の床面積を指します)の割合のことです。 用途地域によって制限が異なります。
    • 容積率敷地面積に対する延べ床面積(一般的には各階の床面積の合計を指します)の割合のことです。 建ぺい率と同様に用途地域ごとに異なります。
    • 用途地域市街化区域では地域区分があり、各地域ごとに建築可能な建物の用途や規模に制限があります。
    • 市街化区域都市計画法の適用を受ける地域では、市街化区域と市街化調整区域に分けられています。 原則として、市街化調整区域では建物の建築や開発行為は認められていません。
    現地でしっかりチェックしよう!

    ご覧になる物件の内容はもちろん、周辺の環境や交通機関なども、
    ご自身の目でしっかりチェックしておくことが大切です。

    • 内・外装の材質や汚れ、ひび割れは?
    • 部屋数や使いやすさは?
    • 日当たりや風通し、騒音の有無は?
    • ドアや襖はスムーズ?
    • 畳や床のきしみは?
    • 雨漏りや腐食の状況は?
    • 部屋数や使いやすさは?
    • 台所や浴室、トイレの換気は充分?
    • 水まわりの設備状況は?
    • 収納スペースは充分?
    • 車庫や空調設備の状況は?
    • 私道や共用施設の有無は?
    • 増改築の必要性は?
    • 周辺道路の状況(交通量など)は?
    • スーパーや商店街は?
    • 病院は?
    • 学校や幼稚園、図書館などへの距離は?
    • 最寄り駅からの時間は?
    • 始発・終電の時間や混雑状況は?
    • 晴れた日、雨の日の状況は?
  • STEP4お申し込みと重要事項説明

    お申し込みと重要事項説明

    ご購入したい物件が見つかったら <購入申込書にご記入ください。>
    代金の支払い方法やお引渡しの時期、諸条件の確認など、お客様(買主様)と売主様の契約条件を調整いたします。
    重要事項説明書にて物件等に関する重要な事項をご説明します。
    充分にご納得いただいた上で、不動産売買契約の締結を行います。

    <ご注意>
    不動産売買契約の締結後は、契約書に記載された内容に基づいてお互いの権利や義務を履行することになります。
    お客様(買主様)には売買代金の支払義務が生じ、義務に違反すると違約金の支払いが必要になる場合もあります。
    ご不明な点などがございます場合は、お気軽にスタッフにお申し出ください。


    重要事項説明書で、内容をしっかり確認 宅地建物取引主任者の資格を持つセンチュリー21のスタッフが、物件に関する重要な事項をご説明します。
    充分にご理解いただいた上でご署名・ご捺印ください。

  • 主な記載事項とチェックポイント

    登記簿に記載されている権利関係 都市計画法などによる制限について
    私道負担に関する事項 水道・ガス・電気等の整備状況 売買代金以外に授受される金銭について
    契約の解除に関する規定

    • 登記簿に記載されている権利関係 ・登記簿謄本(抄本)と相違点はないか? ・発行日付は最近のものか?
    • 都市計画法などによる制限について ・将来、家を建て替えるのに支障はないか?
    • 私道負担に関する事項 ・私道負担の有無や面積、場所は?
    • 水道・ガス・電気等の整備状況 ・将来的に整備される場合は、負担の有無や額は?
    • 売買代金以外に授受される金銭について ・その名称や金額、目的に不明点はないか?
    • 契約の解除に関する規定 ・その時期や手続の方法は?
  • STEP5不動産の売買契約(ご購入)

    不動産の売買契約(ご購入)

    不動産売買契約書に署名捺印する時は不動産売買契約書の内容は、重要事項説明書と重複する部分も多く、取引内容や当事者の権利や義務等が記載されていますので、不明点などが無いか最終的にしっかりと確認してください。
    お客様(買主様)と売主様が署名捺印し、お客様(買主様)が手付金を支払うと正式に契約が成立します。

    <ご注意>
    契約締結後の内容変更は、お客様(買主様)と売主様双方の合意によってなされますが、場合によっては損害賠償や違約の対象となります。

  • 不動産の売買契約(ご購入)

    契約時にご用意いただくもの <1.印鑑> ローンご利用の場合は実印 <2.手付金> 現金か小切手か確認します <3.印紙代> 売買金額によって異なります <4.仲介手数料の半額 > 媒介契約の支払条件により異なります。 別途消費税および地方消費税がかかります。

    ※ローンご利用の場合は、別にローン申込み用の必要書類があります。

  • 不動産の売買契約(ご購入)

    トラブルを防ぐために 口頭での約束は避け、大切な事項はすべて書面で内容を確認するようにしましょう。
    また、ご不明な点や不審点がある場合は、勝手に解釈したりうやむやにしたりせず、必ずスタッフにご質問ください。

  • STEP6ローンのお申込み

    ローンのお申込み

    売買契約を結んだら、ローンを申し込みます 住宅ローンには、大きく分けて「公的融資」と「民間融資」があります。
    お客様のご希望以外に、資格条件や取得する住宅の種類、分譲する機関によってお申し込み先が決まります。
    必要書類はお客様ご自身に揃えていただかなくてはなりませんが、 お申し込み方法のご説明や手続のお手伝いなど、
    スタッフがきめ細かくサポートします。

    住宅ローンの種類
    • センチュリー21提携ローン提携金融機関にて、各種ローンを取り揃えております。お気軽にスタッフへご相談ください。
    • 民間ローン民間ローンとは、銀行、信用金庫、生命保険会社、住宅金融専門会社、信販会社などの民間金融機関が独自の規定に基づいて行う住宅ローンです。金利や融資限度額、返済方法など、融資条件はそれぞれ異なります。
    • 住宅金融公庫融資購入する物件が所在する都道府県内の「住宅金融公庫業務取扱店」と表示された金融機関で手続を行います。 利点… 固定金利の割に金利が低い。抵当権設定時の登録免許料が免除になる等。 注意点… 金利に保険料が含まれない。融資実行が所有権移転登記後のため、つなぎ融資を利用しなければならない場合がある等
    • 年金住宅融資厚生年金保険や国民年金の加入者を対象とした融資です。
    • 財形住宅融資勤務先で財形貯蓄をしている人を対象とした融資です。
  • STEP7ご購入物件の最終確認

    最終確認のポイント
    • 付帯設備等および物件状況報告書内容と現状が一致しているか。
    • 隣地との境界の確認
      <ご注意>
      電気、ガス、水道の連絡先、使用方法などの引き継ぎもお忘れなく。
  • STEP8残金のお支払いとお引渡し

    残金お支払い時の内容
    • 登記申請所有権移転登記の申請を行います。登記を代行する司法書士に必要書類を渡し、登記申請を依頼します。
    • 残金のお支払い売買代金のすべてを支払います。
      手付金は売買代金の一部として充当しますので、手付金と内金を差し引いた額が残金となります。
    • 固定資産税等の清算固定資産税、都市計画税、管理費等を、売主様と清算して頂きます。
    • 関係書類の受け取り管理規約、パンフレット、付帯設備の取扱説明書などを売主様から受け取ります。
    • カギのお引渡し売主様からカギを受け取ります。その際に「物件引渡確認書」を取交わしていただきます。
    • 諸費用のお支払い仲介手数料などの諸費用をお支払いいただきます。
      所有権移転登記、抵当権設定登記などの申請を司法書士に依頼し登記費用もお支払い頂きます。
    残金お支払い時にお客様(買主様)にご用意いただくもの
    • ・残金(売買代金から手付金と内金を差し引いた額)
    • ・固定資産税等の清算金
    • ・管理費などの清算金
    • ・登記費用(登録免許税+司法書士への報酬)
    • ・仲介手数料の残額
    • ・印鑑(実印)
    • ・印鑑証明書(抵当権設定時のみ)
    • ・住民票(所有権移転登記用)
      ※法人の場合は資格証明書
  • ローンのお申込み

    登記手続きは司法書士が代行します 司法書士がお客様から必要書類をお預かりし、
    各種登記の申請書を作成して法務局に提出します。
    登記済権利書を司法書士から受け取られましたら、
    紛失や破損などがないよう充分注意して保管してください。

    <依頼する登記書類>
    ・所有権移転登記 ・抵当権設定登記 ・表示変更登記

  • CHECK!内見CHECK POINT!

    ローンのお申込み

    物件をご覧になる時(下見)あると便利なものはこちら 後悔しないお部屋探しをするためには、物件をご覧になる前にしっかりと事前準備をしましょう。
    いざ入居してから、こんなはずじゃなかった…
    とならないよう、持ち物の確認も忘れずに。

    <デジカメ>
    物件比較や、帰宅後じっくり検討するのに便利!

    <メジャー>
    お手持ちの家具や、家電が納まるかをチェック!

    <コンパス>
    方角をご自分の目でチェック!

    <筆記用具>
    記憶に頼らず、しっかりメモを取りましょう。

    <周辺の地図>
    周辺環境を地図と照らし合わせてチェック!

    <ゴルフボール、ビー玉など、球形のもの>
    床が傾いていないかをチェック!(※居住中の場合は断ってから!)

    <間取図のコピー>
    書き込みをして、後でチェックしましょう!

  • お部屋の確認チェックポイント
    • 収納スペースは十分ですか?(実際に扉を開けて要確認)
    • 日当たり、風通しは満足できますか?
    • 騒音、悪臭はないですか?
    • コンセントの数は十分ですか?(家具等の配置が決まるので、場所の確認も忘れずに)
    • 水回りは大丈夫ですか?(蛇口をひねって、水圧や排水のつまり等も確認しましょう)
    • 扉や窓の開閉はスムーズですか?(建て付けの確認、雨戸・網戸の有無の確認もしましょう)
    • エアコン、室外機の配置は問題ないですか?(設置箇所の確認、未設置の場合は、設置可の確認)
    • ベランダの広さは十分ですか?(入居者分の、洗濯物を干す広さがあるか確認)
    • セキュリティーは万全ですか?(ピッキング防止の鍵かどうかetc.確認しましょう)
    • 携帯の電波は入りますか?(自分の携帯電話が圏外ではないか確認しましょう)
    そのほかのお部屋の確認事項
    • 建物周辺・敷地内の確認共有スペースのある場合には、その清掃具合などの確認も忘れずに。
    • ゴミ置き場の場所を確認(併せて、ご近所さんのマナーも確認しましょう)
    • 郵便受けの確認(鍵がかかるタイプのものか確認しましょう)
    • 家・建物周辺の道路の確認(引越の際、引越屋さんのトラックが止まれるかの確認をしましょう)
    • エレベーターの有無を確認しましょう
    • 駐輪場の有無を確認しましょう
    • 周辺環境の確認いざお部屋が気に入って入居しても、周辺環境がいま一つだったというケースも多々あります。
      周辺の環境チェックは面倒がらずに自分の足で、歩いて確認しましょう。
    • 駅からの距離は実際自分の足で確認しましょう(特に女性は、夜道でも危険はないかetc.確認)
    • 近くにあるスーパー・コンビニ等の確認
    • 近くの病院の確認(緊急時に徒歩で行ける病院があると安心です)
    • 最寄りの駅・バス停の終電時間、本数の確認をしましょう

不動産売却の流れ

  • STEP1ご売却の相談

    ご売却の相談

    不動産売却を考えられるご事情、スケジュールによって、ご売却方法は変わってきます。
    住みかえを考え始めたら、まずは不動産のプロに相談をしてみましょう。
    所有不動産がどれ位の価格で売れるか、住宅ローンが残っている物件を売るにはどうしたらよいか、税金や手数料といった諸経費をどのくらい見込めばよいかなどについて、売主様の状況にあった不動産売却方法を提案致します。

  • STEP2査定依頼

    査定依頼

    不動産売却は、所有不動産がいくらで売れるかを調べる価格査定から始まります。不動産売却が決まっている方はもちろん、
    住みかえを考え始めたばかりの方も、
    まずは不動産会社で査定をしてみましょう。
    売却金額の目安を知ることで、
    よりよい次のステップを考えることができます。

  • STEP3物件の確認・調査・査定

    物件の確認・調査・査定

    対象不動産について、売主様から直接お話をうかがうことはもとより、
    現地や周辺環境の調査、建築法規や権利関係の調査、
    周辺の売出事例、成約事例などを調査し、価格査定を行います。

  • STEP4媒介契約

    媒介契約

    不動産売却を依頼する契約です。価格査定の内容、売却活動の内容について説明を受け、媒介契約書の内容を
    理解した上で契約しましょう。

    1、専属専任媒介契約 一社の不動産業者にのみ仲介を依頼する契約です。この契約を結ぶと、依頼を受けた不動産業者は売買を行う相手を積極的に探す努力と、その業務処理状況を報告する義務があります。
    特に売却依頼の場合、指定流通機構への登録、新聞折り込み広告等の媒体への優先的な掲載など、
    お客様(売主様)に有利な売却活動を受けることができます。
    (この契約は依頼者自ら発見した相手方でも、当社を通じて取引きすることになります。)

    2、専任媒介契約 一社の不動産業者にのみ仲介を依頼する契約です。この契約を結ぶと、依頼を受けた不動産業者は売買を行う相手を積極的に探す努力と、その業務処理状況を報告する義務があります。
    特に売却依頼の場合、指定流通機構への登録、新聞折り込み広告等の媒体への優先的な掲載など、
    お客様(売主様)に有利な売却活動を受けることができます。

    3、一般媒介契約 複数の不動産業者に重ねて仲介を依頼できる契約です。

  • STEP5売却活動

    売却活動

    ご依頼いただいた物件の情報は、穂高住販ホームページでの公開、穂高住販店内への掲示、穂高住販へ購入希望登録いただいているお客様への紹介、
    住宅情報誌への掲載、新聞折込チラシ、
    レインズ(不動産流通機構運営のネットワーク)への登録、
    近隣へのポスティング、インターネット媒体への登録などで積極的に活動します。(販売活動の内容は、物件によって異なります。)

    見学を希望される方が見つかった場合は、
    ご都合に合わせてお住まいを見せていただきますので、
    ご協力をお願いいたします。

    どのような広告媒体を利用して営業活動を行っているか。
    また、それに対する問い合わせ状況や反応など、
    売却活動の経過報告を定期的に行います。
    (報告回数・内容・方法等は媒介契約の種類によって異なります)

  • STEP6売買契約の締結

    売買契約の締結

    購入希望者から「購入申込書」を受領し、
    価格や引渡し等の条件について調整を行います。
    売主様、買主様が合意に至ったら、売買契約を交わします。

  • 売買契約時に必要な物
    • (1) 権利証(買主様に提示)
    • (2) 実印
    • (3) 印鑑証明書(3ヶ月以内のもの1通)
    • (4) 管理規約書(マンションの場合)
    • (5) 建築確認通知書等(一戸建ての場合)
    • (6) 固定資産税納付書
    • (7) 印紙代(売買金額によって異なります)
    • (8) 仲介手数料の半額
    •  (媒介契約の支払条件により異なります。別途、消費税および地方消費税。)
    代理人が立ち会う場合(事前にお知らせください)
    • ※代理人によっても契約を締結することができます。
    • (1) 委任状(ご本人の自署と実印を押印)
    • (2) ご本人の印鑑証明書(3ヶ月以内のもの1通)
    • (3) 代理人の実印
    • (4) 代理人の印鑑証明書(3ヶ月以内のもの1通)
  • STEP7お引き渡し

    お引き渡し

    残金の受領日までに引越しを済ませます 残金の受領と物件の引渡しは同時に行われますので、
    受領日までに引越しを済ませておかなくてはなりません。
    引越しが終わりましたら、公共料金(電気・ガス・水道料金等)の清算を行い、建築確認書、付帯設備の説明書、パンフレット等をご用意ください。
    また、マンションの場合、管理規約もご用意ください。

    抵当権抹消登記手続き ご売却物件に住宅ローンやその他の抵当権等が付いている場合、その残債務を清算して抵当権を抹消しておかなく
    てはなりません。登記抹消手続きは司法書士が代行しますので、必要書類をお渡しください。

    残金を受け取り、登記の申請が済むと、物件のお引渡しです。
    安心してお任せください。
    穂高住販スタッフがお客様(売主様)のご都合に合わせて調整を行い、
    スムースな抵当権の抹消、残金の受領、物件のお引渡しをサポートします。
    残金受取手続きの際は、事前にご用意いただくものなどをお知らせします。

  • 残金受領時の内容
    • 登記の申請書類の確認所有権移転登記の申請を司法書士に依頼します。抵当権抹消登記がある場合は、登記費用をお支払い頂きます。
    • 残金の受領残金を受け取って領収書を発行していただきます。
    • 固定資産税等の清算引渡し日までの金額を日割りで計算し、清算金を受け取ります。
    • 関係書類の引渡し管理規約やパンフレット、付帯設備の保証書など関係書類をまとめて買主様に引渡します。
    • カギのお引渡し買主様にカギをすべてお渡しします。
    • 諸費用の精算仲介手数料などの諸費用をお支払いいただきます。
    残金受領時にお客様(売主様)にご用意いただくもの
    • (1) 権利証(登記済証)
    • (2) 実印
    • (3) 印鑑証明書(3ヶ月以内のもの1通)
    • (4) 固定資産税納付書
    • (5) 電気・ガス・水道等清算領収書
    • (6) 管理規約・パンフレット・建築確認書等
    • (7) 仲介手数料(別途、消費税および地方消費税)
    • (8) 登記費用(抵当権抹消登記等がある場合)
    • (9) ご売却物件のすべてのカギ
    • ※登記されている住所と印鑑証明書の住所が異なる場合には、別途書類が必要となります。
PAGETOP